ぶんぼうぐ

長らく使っていたシャーペンが駄目になってしまったので、ロフトに行ったついでに新しいものを買ってきました。五百円くらいの、グリップ部分がラバーコーティングされたちょっといいやつです。
しかし、売り場で試してみたときにはいい感じだったのですが、家に帰ってメモ書きしてみたところ、ちと手が痛い……。グリップ部分の摩擦が強すぎるらしく、筆圧が強く肌が弱い私にはちょっとペンだこの部分がこすれて痛いです。こればかりは体質なので、慣れでどうにかなるかなあ。
まあ、そこまでシャーペンを使うことが多いわけでもないので、なんとかなるでしょう。ちょっと奮発したぶんの元は取らなくてはならない(笑)。

昔は文房具を探すのもちょっとした趣味だったのですが、今は筆記具を使う頻度自体が減ってしまい、とんとご無沙汰です。特に小説書きに関してはアイディアメモから本文まですべてパソコンですし、このご時世は連絡もほぼメールです。何かを手で書く、という行為がどこか改まったもののように感じま す。
小学校から十年くらい習字を習っていた時期もあるのですが、さっぱり字を書かなくなったため、今の字癖はとうてい先生には見せられないものになってます(汗)。丁寧に字を書く機会というと、改まった手紙やのし書きしかないからなあ。自分で練習しろよと言われればそれまでですが。

そういえば私が中高生の頃は、女の子たちは大きめのペンケースいっぱいにカラーペンを何本も入れて持ち歩いていたものですが、今の子たちはどうなのでしょうね。(文房具売り場にはカラフルなペンが山ほど売っているので、絶滅したわけではなさそうですが……)私もぱんぱんとはいかないものの、五、 六色くらいのペンは持っていて、カラフルなノート取ってました。あるとき男の同級生のペンケースを見たら、シャーペン一本に赤のボールペンだけという潔さで(笑)ちょっとしたカルチャーショックを受けましたっけ。
もっとも高校に入ったらそれではとうてい授業スピードに追いつけなくなって(汗)、黒と赤、せいぜい青といった程度のシンプルなノートになりましたが……。大学では配付プリントの端にメモしておくことが多かった(主にプログラミング関係)ので、高校時代がいちばん必死にノート取っていたな、そういえば。

昔は就職祝いといえば万年筆、ばりばり働く男の人はいいものを一本持っている……というようなイメージもありましたが、今でもそうなのかしら。 文房具屋に行けば高級万年筆のコーナーがありますよね。サラリーマンであるところの我が父は持っている気配はないですが(そして父はたいへん字が下手である)。
いわゆる高級なペンというのを一度触ってみたい気もするのですけど、私にはとうてい手が出ません。それに筆圧がかなり強いのでまずペン先を潰しそうだ。
小さい頃に万年筆に憧れて、安い(千円くらい)ものを買って遊んでいたこともありましたが、そういえば。でもあれは結局ペン先を潰したか壊したかした気がする……。やっぱり私は五百円のシャーペンくらいにしておいたほうがよさそうです、うん(汗)。

最近の文房具売り場は一筆箋が増えましたね。色とりどりで見ているだけでもけっこう楽しいです。季節の柄をいくつかストックしておくと、何かものを送るときなどに添えるのに便利で重宝してます。こういうものにさらっと万年筆で(笑)一筆添えられたら素敵なのでしょうねえ。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World