マグカップをもらいました

 パソコンでの執筆作業のときには、たいてい横に何か飲み物を置いておきます。特に冬場は温かいお茶をひたすら流し込みながらがしがしキーを叩いています。
 そういうわけで(?)、知人からマグカップをいただきました。

 佐渡の無名異焼というそうです。実物はこの写真よりもう少し明るい色をしていて、ピンクがかった肌の色とビリジアンの緑のコントラストが綺麗です。割としっかりした造りで、持ち手が大きめなのがありがたいです。

 いかんせん今まで愛用していたカップはニトリの二百円くらいのやつだったので(笑)、一点物の陶器など使ったことがありません。おっかなびっくり、とりあえずウーロン茶を淹れてみました。まあ味が変わるわけはないのですが、さすがに使いやすいというか飲み口がよくできてます。いつもの癖で乱暴に机の上に置きがちなので、そろそろとソーサーの上に乗せてました。

 普段使いのものがいい品物だと、なんだか嬉しいもので。せっかくいただいたので、大事に使おうと思います。あとはいい茶葉を探してくる方向かしら?

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World