冬コミでした

一昨日こと12/29、コミックマーケット79に参加してきました。十二月はずっと体調が悪く、新刊は落とすわコピー本の原稿は目算をぶっちぎるわという体たらくで、告知もできずにたいへん申し訳ありませんでした。Twitterにポストする余裕もなかったです……。新刊代わりに無料配布ペーパーに掌編を載せましたので、そちらを後でサイトにも掲載します。

設営したスペースはこんな感じでした。

十一月のコミティア94にて【辺境屋】さん、土屋つかささんと合同で制作した『電子書籍にまつわるおはなし』の頒布をメインに、既刊の電子書籍版の頒布、電子書籍端末のデモをやりました。スペースが狭いので先のコミティアのようにはいきませんでしたが。机になんのありがたみもなく積み上げられた端末(笑)のうち、今回の目玉は今月発売されたばかりのGALAPAGOSでした。GALAPAGOS、バッテリの消耗が激しくて使いづらい……と思ったら、レッドゾーンに突入しながらもなんとか最後までがんばってくれました。PDFの表示はもっさりでしたけど。

話題のトピックだけあって目を止めて下さる方も多く、『電子書籍〜』は昼頃には完売、夏には売り上げゼロだった(汗)電子書籍版も買って下さる方がいらっしゃいました。よかったよかった。次は端末のみならず「電子書籍らしいコンテンツ」を展示してみたいところです。そのためにはまず「本とは何か」から議論しなければなりませんが。

端末を見て話しかけて下さった方には関連技術にお詳しい方も多く、いろいろ面白い話を伺うことができました。お知り合いの方にはいろいろ差し入れをいただきました(そしてそれをいきなりプレスしそうになる自分……)。
開場前に見本誌、参加証の回収にいらしたスタッフさんが後で「気になってたんです」と来て下さったのが嬉しかったです。そしていちばん驚いたのが、高校時代の友人が覗きに来てくれたこと。一年以上会っていなかったのでびっくりです。

手伝いを頼んだ知人がひたすら端末のデモや解説をしていたこともあり、売り子は実質私一人だったので、食事をする暇がなくお腹が空きました……(笑)。挨拶回りをする程度で、他のエリアを見て回る時間がなかったのが残念です。せっかく隣が歴史ジャンルだったのに。(今回の創作文芸は、ヘタリアと戦国ゲームの隙間でしたとさ)

そんなこんなでばたばたしつつも、なんとか年末のお祭りを乗り切ることができました。前日まで体調が悪かったので会場で倒れたらどうしようかと思っていましたが、そのようなこともなく。

改めまして、スペースに来て下さった方、同人誌をお買い上げいただいた皆さま、差し入れをいただいた作家さん、ありがとうございました。つくづく新刊を出せなかったのが悔やまれます。今回で既刊の在庫はほぼすっからかんになったので(笑)、次こそ何か作らないと売り物がありません。がんばります……。

そして最後になりますが、みなさま、今年一年ありがとうございました。よいお年をお迎え下さい。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World