本がそろそろ出ます

先日、ノベルジャパン大賞の授賞式に行ってきました。いやもう、馬鹿は連発するわ緊張しまくるわでろくなことできませんでしたが(汗)、とても楽しかった……ような気がします(当時はもう頭が真っ白になってました)。
子供の頃に小遣い握って買いに行った本の作者さまたちが大勢いらして、ようやく自分もこの側に立ったのだと実感しているところです。あと同期や第一回の受賞者の方たちともお会いできまして、なんとも力強い心持ちになったり。

そろそろ七月の新刊も店頭に並ぶ頃だと思います。拙作も発売されますので、もし書店で見かけられましたらお手に取っていただけると(そして買っていただけ ると!)幸いです。私はまだ書店に出かけていないので、そろそろ行って思い切り不審な客になってこようと思います。もし書店で立ち読みしていて、やたら自 分のことを見てくる謎の人物がいたら、もしかしたらそれは作者かもしれませんので(笑)そっとしておいてやってください、はい。
HJ文庫公式のほうでも「立ち読み」ということで新刊の一部が読めるようになっています。前回の『キャラの!』誌での試し読みとは違う部分が抜粋されています。

新刊は森井さんの素敵なイラストが目印です。知人には大好評でした。ぜひお買い求めになり、いかにこの表紙が正しく内容を表しているかを実感されるといいと思います(笑)。
イラストを描いてくださるのが森井さんとお聞きしたとき(基本的にイラストレーターは担当さんが決めます)、真っ先に浮かんだのは 『Fate/hollow ataraxia』の花札のイラストに参加されているということでした。しかしよく考えたら、私はこのゲームをクリアはしたのですが、花札はいまだプレイできていないのでした……。
二回ほど一からプレイしているのですが、そのいずれにおいてもトラぶる道中記を出現させることができず。風雲イリヤ 城は割とあっさりクリアしたんですが……。ネットで攻略などを調べてみても、花札を出現させるのに苦労したなどという話は見なかったので、よほど(逆に) うまくフラグを回避してしまったようです。あのフラグ回収が簡単なゲームにおいて、ここまでできるというのは逆にすごい気がしてきました、なんだか。
というわけで、暇ができたら今度こそトラぶる道中記をプレイし、森井さんのイラストを見たいと思います(笑)。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World