近況報告

 気がつけば日記を書かずに二十日が過ぎていたことにちょっとびっくりです。月に二回しか更新しないのでは、「日」記とは言わないような気がしてきました……月記? にでも名称変えておこうかしら。できればこまめに更新したいところなのですが。
 この二十日間にあった出来事などをつらつら書いてみます。

 中学の同窓会がお盆にありまして、十年ぶりに同級生たちと顔を合わせてきました。女性陣は化粧や服装による変化を除けばそこまで変わらない感じでしたが(女は成長早いですからね)、男性陣は、顔の造作はそのままなのに顔や身体の輪郭線が変わりすぎな人物が数名。まさに「あなた誰?」でしたよ(汗)。まあ、ほとんど変化のない人物もいたわけですが。近況報告から昔話まで話は尽きず、楽しい時間を過ごすことができました。帰り際に誰か、「また次は十年後かな……」とか言ってましたが、いや、せめて五年くらいで集まろうよ(汗)。OB会のようなちゃんとした組織があるわけではないので、誰かが音頭を取らないと難しいんですよね。今回、あちこちに連絡してくれた友人に感謝です。

 そして夏コミにも、ふらりと友人と顔を出してきました。並ぶのはさすがにつらいので、行列がはけた後の時間帯ですが。私が行ったのは涼しい日でしたが、それでもあれだけ人が多いと熱気がすごい……さすが祭典。全日参加してた根性者を何人か知っていますが、その体力を三分の二くらい分けてくれないかしら……。
 いくつかお目当てのところを巡ってきました。順番にスペースを見て回るのも楽しいものですが、今回はそのような体力がなく。さすがにあの人混みをかき分けるには技術と気力が。
 携帯で写真を撮り、上栖さんにもお送りしてみました(お忙しいそうなので)。夏コミ気分(もっぱら人混みによって形成される)を少しでも味わっていただければ幸いです(笑)。

 フリーのノベルゲーム、『湖岸の盲点』に挑戦してみました。問題編を読んで自分で推理し、答案を応募するというシステムのものです。すえばしさんが製作に参加されていたので知ったのですが、すみません、けっこう賞金目当てで頑張ってました(汗)。人はこれを捕らぬ狸と言います。
 家族を巻き込んでぎゃーぎゃーと推理し応募した結果、なんとか全問正解することができました。解答編のロールで名前が流れてました、わーい。(恥ずかしいので別名義で応募してます)しかし抽選で外れ、賞金をもらうことはできませんでした。そうそううまくはいかないという教訓でした(笑)。実際、だいぶ競争率は高かったようですが。
 「ちゃんと考えればわかる」という難易度が心地よく、楽しむことができました。(懸賞に応募はできませんが)興味のある方は挑戦してみてくださいまし。続編の予定もあるそうなので、楽しみに待ちたいと思います。

 あ、原稿はちまちまと進んでいます。こちらも頑張らねば。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World