たまには更新しろ日記

snow leopardインストール・追記

2009/8/29

昨日からちまちまとマシンをいじりまして、snow leopardでの環境を構築しています。その中で、いくつか不具合というか未対応のものが動く方法を見つけたので、追記。あと、もしかしたら情報を探してくる人がいるかもしれないものも書いておきます。

safari用のプラグインであるsafaristandが、snow leopardではSIMBLのサポートをしなくなったため使えなくなるとのことでしたが、これは64bitの場合のことらしく、32bitで動作させるなら動きます。safari.appを選択し「情報を見る」から「32bitで動作させる」を選べばいいようです。ただ、私のマシン(最初期型のMacBook、CureDuo 1.83GHz)はもともと32bitでしか動かないので、特に何をする必要もなく、いつも通りのインストールで動きました……。喜んでいいのか悲しんでいいのかわからない(汗)。まあ便利に使えるのはいいことだ。

logicoolのマウスのドライバがまだ対応していないということでしたが、こちらの不具合解消法を参考に、パッケージの内部ファイルからインストールをしたところ、無事に動くようになりました。こちらの記事によると一部動作しない機能があるようですが、キーバインドの割り当てに関して言えばちゃんと動いているようです。

ソフトウェアの動作情報。先の記事にもちょこっと書きましたが、今は亡きエルゴソフトのegword universal(2ではなく)は、snow leopard上でもちゃんと動いているようです。既存のファイルをざっと開いてみた程度ですが、引っかかっているところはない模様です。百ページ以上あるファイルも開けるし。

そういえば、古いソフトを使うことがあるかもしれないので、これからインストールされる方は、「カスタマイズ」の項目から追加インストールでRosettaを選んでおいたほうがいいかもしれないです。これをインストールしておけば、特に複雑な操作をすることなくPowerPCのソフトが使えます。

メモ書きはこんなところで。一日経ってだいぶ情報が上がってきて、私もあちこち参考にしました。

snow leopardをインストールしてみました

2009/8/28

Mac OS 10.6、snow leopardが本日発売となりました。二年ぶりのOSのメジャーアップデートとあって、一部の店ではカウントダウンイベントなどもやっていたようです。それはともかく(笑)、せっかくのメジャーアップデート、しかもアップデートならば三千円程度とお安いので、私も発売当日に導入してみました。近所の電気屋に出かけて聞いてみたら、まだ届いたばかりで店頭に出ていない状態でした(笑)。

上書きインストールでは問題が出ることがあると聞いたので、クリーンインストールを選択しました。しかし普通にDVDからインストールしようとすると、上書きインストールになってしまい、一度やり直す羽目になりましたとさ。ディスクユーティリティから自分でHDDをフォーマットしないとならないのですね。誤ってデータを消してしまうのを防ぐためなのでしょうが、隅っこにでもいいからメニューとして残しておいてくれると楽なんですが。

インストールはだいたい一時間弱といったところでしょうか。前バージョンのleopardよりかなり容量が減ってます。これはPPCを切り捨てたことによる効果らしいですが。

立ち上げてみたところ、ぱっと見にはleopardとあまり変化はありませんでした(笑)。操作していくと、細かいところに違いは見えてくるのですが。今回のアップデートは内部のチューンナップが主で、インタフェースの変化や画期的な新機能はないとのことでしたが、確かに。

今回は本格的に64bitマシンに対応したバージョンなのですが、いかんせん私のマシンは最初期型のMacBookで(三年以上前のモデル)、CoreDuoなので、32bitマシンなのです。なので、その動作の早さをまざまざと体験するというわけにはいかないのでした。だったらいきなり新バージョンにしなくてもいいじゃんという説もありますが、新しもの好きなんです……。ただ、それでも全体として動作がきびきびとしているのは感じます。こうして今文章を打っていても反応が早くて、なんだか文字を打つ手応えが今までとは違います。ATOKではなくまだことえりを使っているせいかもしれませんが。

ソフトウェアは私の場合、メールデータが移行できて小説を書くためのワープロソフト(egword universal)が使えれば、最低限問題はないのです。メールはデータを移すのにちょっと手間取りましたが、ワープロソフトは無事に動きました(もう開発元が倒産してしまったソフトなので、バージョンアップが見込めない)。私の場合、そこまで「動かなくて困る」という状況にはなりませんでしたが、不具合のあるソフトはいくつも報告されているようなので、もしこれから移行を考えている方は、対応状況を調べつつのほうがいいのではないかと。

ちょっと困ったのは、logicoolのマウスのドライバが対応していないこと。標準的なマウスとしては使えるのですが、サイドボタンへの割り当てができません。サイドボタンにいろいろ動作を割り振っていたので、地味に不便。早くアップデートしてくれるといいのですけど……。

このアップデートに先んじて、1TBの外付けHDDも購入しておいたのです。今まで使っていたHDDがそろそろ調子が悪いということで。せっかく大容量のHDDを買ったことなので、パーティションを二つに分け、ひとつをTime Machineに割り当ててみました。今までは一日に一度、ちまちまと自分で外部ストレージにバックアップを取っていたのですが、これからはそうした手間から解放されそうです。バックアップソフトを個別に買おうとするとそれなりの値段がすることを考えると、地味にすごいよなこの機能。

そんなこんなで、Macユーザ歴はそう長くないですが、とうとうヒトバシラーにまで進化しました(笑)。なんとかインストールして最低限のデータを戻すまではやりました。もうしばらく、あちこちいじってみることにします。

コミティアに参加してきました

2009/8/24

昨日(23日)は、コミティア89に参加してきました。先日夏コミに売り子として参加しましたが、自分がサークル主となるのは初めてです。前々から自分も参加してみたいなあと思っていたのですが、こういうのは踏ん切りがないと行動に移せないので(笑)、今回やっと初参加となりました。

当日は知人に車を出してもらって会場入りし、ばたばたと設営を。いかんせんスペースのディスプレイも初体験なので、見様見真似とネットで調べて(笑)用意したものをいくつか、という感じでした。売り物となる本が一種類しかなかったのもあって、なんだかさっぱりしたというかちょっと寂しい感じに。

他のサークルさんはいろいろ拡材を使って華やかにディスプレイしてらっしゃいました。「次はうちもこういうのやりたいなー」と思ったのもいくつか。でかいポスターとか、けっこう飾ってらっしゃる方いるんですね。

写真で本の後ろに置いてあるのはKindle2です。Amazonが作った電子書籍端末ですね。日本ではまた未発売(笑)のものを知人が持ってきてくれたので、小説本文のデータを入れて一緒に飾っておいたのでした。電子書籍端末というのはそこまで認知度はないようですが、たまに「おお」と目を留めてくださる方もいて、一緒になっていじって遊んでいました。アメリカ製なので日本語に未対応だったり、あちこちバグがあったりしましたけど(汗)。私も電子書籍市場にはけっこう興味があるので、次にイベントに出ることがあったら、本を買ってくださった方にデジタルデータもお渡しできるような方法を考えたいところです。

そして、スペースを訪れてくださった方、拙作をお買い上げくださった方、本当にありがとうございました。慌てるばかりでろくに気の利いたこと言えなくてすみません(汗)。サイトも見てますと言ってくださった方、驚くやら嬉しいやら照れくさいやらでした(笑)。そういえばこのサイトも開設してから八年が経過しましたが(先日開設八周年でした、そういえば)、その間に色々あって、それを見てくださっている方がいることを改めて実感しました。これからも見捨てずお付き合いいただけると嬉しいです。

自分で会場をぶらぶらして何冊か本も買ってきました。イベントでは研究本を探すのがわりと好きで、今回もマニアックな本をいくつか(笑)。小説の資料にできるといいな。しかし自分でサークル設営をしてみると、スペースを今までとは違った目線で見るようになりますな。

そして閉会後、サークルの皆さんの撤収の速さにびっくり(笑)。あっという間に机が畳まれていく様は壮観でした。コミケのときも驚きましたけど……。

初めての同人イベント参加でしたが、本を買ってくださる方がいて、楽しくお話しできて、充実した楽しい一日でした。また当選したら参加したいなーと思います。その時にはもう何冊か本を持って行けるようにがんばりますです。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World