たまには更新しろ日記

初詣に行ってきました

2009/1/18

遅ればせながら、初詣に行ってきました。喪中だったので、松の内のうちには行けなかったんですよ。その後も延び延びになってましたが、そのうち一月が終わりそうだったので(汗)いい加減行ってきたのです。普段はほとんど気にしないのですが、去年もいちおうお参りしたので(笑)今年も行かないと落ち着かなかったというか。こうして習慣というのはできあがっていくのですな。

行ったのは割と近くにある大神宮です。当社比五倍(笑・元の金額については黙秘します)のお賽銭を投げてお参り。その後おみくじを引いてみたら、中吉でした。割といいことが書いてありましたし、けっこう嬉しい。一緒に小さな蛙のお守りが入っていたので、財布に入れておこうと思います。しかし、おみくじにも蛙にも旅行に行くとよろしいと書いてありましたが、今のところ、そうした予定はないのです。今年はどこかに行ってこいということかしら。温泉は前から行きたいと思っているのですが。

ついでに古いお守りもお炊き上げを頼んで帰ってきました。太宰府天満宮の古い学守りがいくつかあったので。小さい頃に福岡県に住んでいたので、太宰府天満宮には何回も行ったものですが、そのたびに学問のお守りを買ってはなくしてました。(今回預けてきたのは、大学時代に友人からもらったもの)あのころにちゃんとお守りを身につけていたら、もう少しましな脳味噌になっていたのかしら……。太宰府の梅が枝餅、また食べたいなあ……結局食べ物の記憶しかないのか、私よ。

なかのひと統計途中経過

2009/1/16

しばらく前、確か去年の夏ごろから、サイトのトップに「なかのひと」の統計用タグを貼り付けておりました。この「なかのひと」というのは、サイトにアクセスしてきた人がどこの組織に所属しているか、を集計してくれるものです。(その具体的な仕組みについては省略)もちろん、わからない場合が圧倒的に多いわけですが。

半年以上の設置により、このサイトに来てくださる方にどういう傾向があるかも多少掴めてきました。このサービスではアクセス者の年齢・性別も推計してくれる機能があるので、そちらを公開してみたいと思います。サービスの主眼である「なかのひと」については、プライバシーに関わる部分があるため表には出しません。私ひとりでにやにやと眺めさせていただきます(笑)。

まずは性別推定から。

さて、これがうちのサイトのお客様の男女比(推定)なわけですが……女性、少なっ!(汗)男性のほうが多いのではないかと漠然と思っていましたが、ここまで差があるとは思っていませんでした。管理人の私は女なので、それを差し引くと、えーと8%くらい?(笑)これはそのまま、私の小説を読んでくださっている方の男女比と見なしていいのでしょうかね。少年向けを意識して書いているのは確かですが、そうか、そこまで差があったのか……と管理人がいちばんびっくりでした。自作を読んでくださっている女性の皆さん、ありがとうございます(いや男性諸氏も)。

続いて、年齢別推定。

全体として若い層に寄っていること、山が二つあることがポイントですかね。ほとんどが若い方であるだろうというのは、小説のターゲット層からして自明なのですが(たぶん、お歳を召された方は私の小説読まないでしょう)。

二十歳前後にひとつめの山があるのは、けっこう大学からのアクセスが多いので、それを反映していると思われます。二つめの山はちょっとわかりませんが。この年齢分布については、私としては割と予想通りというか、納得いくものとなっています。中高生より、もう少し年上の方が多いみたいですね。

だいたいこのような結果でした。とにかく男女差にびっくりです(笑)。あまり女らしからぬ作風であることは自覚していましたが、ここまで明確に数字として出てくるとは思わなんだ(まあ、これはあくまで推測値なのですが)。ご覧になっている方、自分と比較してみてどうでしょう?(笑)

よそのサイトさんとも比較してみるとなかなか面白いのではないかなと思うのですが、そこまではさすがに。もうしばらく設置してみて、また何か変化があるようでしたら(笑)エントリで報告してみます。

サイト改装履歴いまむかし

2009/1/11

昔からこのサイトに来てくださっている方はご存知かと思いますが、私はサイトデザインをいじるのがわりと好きで、たびたびサイトを改装しています。しかも一度に全部変えないと気がすまず(笑)、昔は膨大にあった小説本文ページまで一気に変更していました。この正月休みにまた(笑)改装した際、ふと懐かしくなって過去のデータを眺めていたのですが、この懐かしさを分かち合っていただこうと、過去のデザインをここでお蔵だししてみます。まあ、これらを全部ご存知の方はほとんどいらっしゃらないと思いますが。

とはいっても、サイト開設直後のデータはどこかにいってしまったらしく、バックアップを探してみましたが残っていませんでした。確か開設当初はGeocitiesの無料スペースを利用していたのですが、その直後に規約変更問題が起こり(サービスを利用している作品の著作権はGeocities側にあるとするもの)、開設二ヶ月くらいで別のサーバに移転したのだったような。考えてみたらサーバもあちこち移っているからなあ、私。

ともあれ、手元にある限りのデータを以下に並べてみます。

2001.10から2002.06まで。懐かしい、誰よりも私が(笑)。昔は外部の企画にも割と参加していたので、その痕跡が見えます。

2002.06から2003.03まで。三カラムから二カラムになりました。ロゴなどは手作り。(というほど大げさなものでもないですが)テーブル入れ子のレイアウトの全盛期で、このHTMLも今から眺めるとたいそうすさまじい代物になってます。

2003.03から2003.07まで。上のデザインのマイナーバージョンアップという感じですね。丸い角の画像を作るのに無駄に苦労した覚えが。画像ソフトの使い方、わからなかったからなあ。

2003.07から2004.02まで。サイトタイトルが小さめ、かつ画像ではなくテキスト。このあたりから、テーブル入れ子ではなくすべてCSSでデザインするようになってます。

2004.02から2006.03まで。このデザインがいちばん長かったのかな。個別ページデザインがけっこう気に入っていて、長く使っていた記憶があります。『黒河』が書籍化されたのもこの時期だったみたいですね。

2006.03から2006.09まで。今までずっと白背景でしたが、ここでがらっと変わってます。様変わりした理由は、デザインを知人に頼んだから。ただ使い勝手はあまりよくなかったので(笑)、早々に次のデザインに変えてしまいました。

2006.09から2007.07まで。大学などでばたばたした時期だったので、雑記を削除し、ほぼ停滞状態でした。そのため「夜」のイメージでデザインを作ってます。……サイトいじる暇はあったのかと言われると返す言葉がありませんが。

2007.07から2008.06まで。画像ひとつひとつがやたら大きいのが特徴。サイトタイトルがエンボス加工風でしたが、見にくいですな。あと今からすると、スペースを使いすぎで一瞥して概要がわからない。

2008.06から2009.01まで。インラインフレーム風。(実際はCSSとJavaScriptで実現してます)トップの写真は、大英博物館の円形閲覧室《リーディングルーム》です。『ミスティック』発売時だったので。

こんな感じです。改めて眺めてみると、よくここまで何回も作り直したよ、私……(笑)。小説個別ページも眺めてみるとなかなか面白いです。作品ごとにテーマカラーを決めて、それに合わせた画像を探してきたりしていました。

こうしてみると、昔は白地に青というのが好きだったみたいですね。まあこのトーンで色を揃えれば落ち着きますので、デザインセンスのない人間には(笑)ごまかしやすかったようです。それが崩れたのがだいたい出版を経験したあたり(笑)というのがなかなか笑えます。ブログ全盛期に至るにつれ、ブロックレイアウトになるなどその影響が見えます。

あとはコンテンツ内容にも年代が見て取れるというか。昔は掲示板を二つ設置していたんですね。(雑談用、感想用)今はサイトの掲示板での交流というのはあまり見かけなくなってしまいました。代わりにブログのコメント機能というのが使われていますね。

以上、私ばかりが懐かしい企画でした(笑)。長く続けていらっしゃるサイトさんというのも多いので、こうして並べていただけるとけっこう楽しそうです。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World