たまには更新しろ日記

夏コミ終わりました

2010/8/17

8/15の夏コミ三日目に参加してきました。お買い上げいただいた方、ご挨拶させていただいた皆様、本当にありがとうございました。

……暑さのせいかまだ頭痛が抜けないので(汗)、簡単な挨拶にて失礼いたします。詳細はまた後日。

ちょっと更新

2010/7/31

小説ページに、『夢の続き』をUPしました。一年ほど前に発行した同人誌『帝冠の恋』に収録したものと内容は同じです。一年経ちましたし(笑)冊子の在庫もそろそろなくなりつつあるので、夏コミの宣伝がてら。……よけいに人が来なくなる気がしないでもないのが難ですが。改めて自作リストを眺めてみると、内容とっちらかってるなあ我ながら……。

pixivに賛否両論の(笑)小説投稿機能が搭載されたと聞いたので、ちょっと触ってみました(イラストを見るのにアカウントだけは持ってました)。検索性やイラストの著作権の保持などインタフェースにはまだ問題があるようですし、慣れるまで使い勝手は悪いですが(書き手にも読み手にも)、自分でいちいちHTMLを書かなくていいのは楽ですね。

私がこのサイトを立ち上げた頃は、ネットで小説を公開したかったら自分でファイルを作るしか選択肢がなかったので、時代は変わったなあ……などとしみじみ。うちも掲示板を二つ設置していた時期などあったのですが(笑)、今は交流といえばSNSとTwitterですし。ただこれもすぐに次の流行が出てきて移り変わっていくのでしょう。いずれにせよ、選択肢が増えて小説を公開する敷居が低くなるのはいいことではないかと思います。私もネットで公開できると知らなかったら小説書かなかっただろうし。

まあ、私みたいな古い世代(笑)は自分で一からページを作るのに慣れているので、投稿サイトのインタフェースを見て「ページデザインまで自由に設定させてくれないかな」と歯がゆく思ったりもしてしまうのですが……。自作のページと投稿ページの作品、双方を一度に検索できるようになればいちばんいいのですけどねえ。

定例報告になりつつある

2010/7/25

HJ文庫対抗ブログ更新遅い選手権エントリー二番、ふじはる、更新します! ……とよくわからんことを書きつつ(そしてエントリー一番が誰かは知らない)、久方ぶりの日記です。Twitterをトップに表示させるようにしましたが、これもそこまではポストしていないのでした。iPhoneを買ってすっかりついったらーになった友人がいたりするので、スマートフォンを買えば少しは筆まめに……ならないなきっと。

上の告知に出しましたが、夏コミにサークル参加します。当落はしばらく前に出ていたのですが、新刊を入稿できるまで怖くて(汗)告知できなかったのでした。やっとぽちっとデータを送りましたので、これで売り物はなんとかなりそうです。電子書籍版の詳細についてはしばらくお待ちください。

最近の変化といえば、メインマシンのMacを買い換えました。最初期型のMacBook(しかも初期ロット)を四年ほど使っていたのですが、日頃の酷使もあってさすがにがたがきていまして。無線LANとバッテリ、USB端子までいかれてしまい、さすがに買い換えを決意したのでした。このMacBook君はZIGZAG NOVELSからいただいた最初の印税で買った思い出深い一台なので、サブマシンとして残しておく予定です。(本体だけなら動くし)

新しく買ったのはMacBookProの15インチ、core i5搭載型です。13インチと迷ったのですが、新型のi5の誘惑に負けたのでした。私は普段外部モニタに接続して使っているので(外で作業する際はケーブル引っこ抜いて本体を持ち出す)、こんな感じになってます。

ノートパソコン本体のモニタはサブモニタとしてあります。細かいウィンドウをまとめて追いやっておけるのはけっこう便利です。横にWiiがあるのは外部モニタでWiiもプレイするから。しかし愛想のかけらもない机ですね我ながら……現在小さなサボテンでも置くかと考え中。書き物なども全部この机でやってます。

肝心の使い心地ですが、私は普段さほど負荷のかかる作業をしないので(テキストエディタがお友達ですから……)、そこまで劇的な変化はないです。ただOSの起動やアプリの立ち上がりがいちいち早かったり、複数の大きなアプリを立ち上げても速度が落ちなかったり(これはメモリのせいもあるか)、細かいところでだいぶ快適になりました。今回の同人誌作成のような大きなファイルを扱うとその恩恵を特に感じます。1080pの動画もぬるぬる再生してくれるようになりましたし。(前はコマ落ちしてた)

これからはこの子も大事にしてあげないとです。ところでセットアップ時にマシンに名前をつけなければなりませんが、わりと困りますよねあれ(笑)。私は本名からのあだ名を入れて付けてます。

あとはまあ、この最新鋭マシンに相応しいだけの仕事をできるかどうかなのですが……(汗)。

Copyright 2001-2014 Miyako FUJIHARU All Rights Reserved.
Powered by WordPress / Original Design: Template World